We are the BRIDGE 動画コンテスト 結果発表!
We are the BRIDGE Video Contest Winner Announcement!

たくさんのご投票ありがとうございました! / Thank you for your votes!!

海外部門 最優秀賞 /
The Grand Prize for International Entry

タイトル[title]:② Bridged, Again (橋を渡って、また君へ)(2’58)
作者[creator]:Hoi Lok Wong 男性 香港
テーマ[theme]:懸け橋 / BRIDGE
コメント[comment] *English below
We are the BRIDGEの本当の意味とは?日本人の男の子「ひろき」と香港の女の子「アンナ」は、APCCを通して出会い友達になりました。しかし、言葉の壁や生活スタイルの違いから、せっかく築いた「懸け橋」をどう保てばいいか考えていました。二人は国境を越えて、本当の意味での「懸け橋」を築くことができるでしょうか。
What is the real meaning of "We Are The BRIDGE"? Through APCC, years ago a Japanese boy, Hiroki, and a girl from Hong Kong, Anna, met and became friends. Yet, now leading different lifestyles with language barriers in between, they can't help but wonder how they can maintain a strong BRIDGE between themselves. Will they be able to cross the borders and build the true BRIDGE they need?

国内部門 最優秀賞 /
The Grand Prize for Domestic Entry

タイトル[title]:⑧ 私にできること(2’40)
作者[creator]:村松昌枝 女性 福岡市
テーマ[theme]:笑顔 / Smile
コメント[comment] *English below
自分の実際の経験を作品にしました。 幼少期に、ガールスカウトの経験で海外の子ども達の笑顔に勇気をもらい、国際協力で海外を回る中、カメラマンとなり、現在は映像をつくる仕事をしています。今年から福岡に住み始め、APCCさんの活動を知り、とても共感し、活動を応援したいと思う中、30周年の動画コンテストのことを知り応募しました。
APCCに参加可能な世代の子ども達が、この映像でAPCCのことを知り、自分になにかできることはないか、考えたり、行動するきっかけになればという想いで作品を作りました。
This video is based on my real-life experience. When I was young, I participated in the Girl Scouts activities and I was encouraged by the lively smiles of children from all over the world. Later in my life, I traveled around the globe for international cooperation, then became a photographer and now I work as a video creator.
I moved to Fukuoka this year and encountered APCC. I sympathized with their projects and entered this contest to show my support. I made this video wishing introduce APCC to young children and motivate them to think of what they can do and take action for the better world.

公開WEB審査最多得票賞 /
The Most Voted Video

タイトル[title]:① APCC Video(2’56)
作者[creator]:Erin Maitland, 女性 オーストラリア
テーマ[theme]:懸け橋 / BRIDGE
コメント[comment] *English below
11歳の時のAPCC経験とその先
The journey of an 11 year old to the APCC and beyond

学生賞 /
The Student Award

タイトル[title]:③ APCCの力(0’53)
作者[creator]:岡方蓮 男性 福岡市
テーマ[theme]:おもいやり / OMOIYARI
コメント[comment] *English below
向こう岸に渡りたいでも渡れない、困ってる子供がいたら助けたい...じゃあ!自分が体を張ればいい!そう思い動画にしてみました。きっと渡れた子供も笑顔になったでしょう。
※作品に出ている人物は過去の自分の写真と今の自分です。
If there is a child in need wishing to cross a river, you can reach out to him by putting your whole body into it. I’m sure it will put a big smile on the child’s face after reaching the opposite bank.
*The hero in the video is me and the boy is the photo of myself when I was little.

審査員特別賞 /
The Judge's Prize

タイトル[title]:⑤ 懸け橋(0’22)
作者[creator]:仁田原力 男性 福岡市
テーマ[theme]:懸け橋 / BRIDGE
コメント[comment] *English below
APCCの活動を知り、子たち達がお互いのことを知ることでより良い未来へ繋がればと思い制作しました。
When I came to know APCC and its programs, I felt that providing children a chance to get to know each other would lead us to a brighter future

30周年記念賞 /
The 30th Anniversary Commemorative Award

タイトル[title]:④ We are the BRIDGE(1’50)
作者[creator]:柴口勲 男性 山口県下関市
テーマ[theme]:懸け橋 / BRIDGE
コメント[comment] *English below
作品のテーマは「懸け橋」にしましたが「おもいやり」「笑顔」「友情」「福岡の魅力」も含め、それらを全部持ち寄った作品にしたいと思い制作しました。それらの一つ一つが、APCCの精神であろうと感ずるからです。革命や戦争を乗り越えた先でアジアが手繰り寄せた平和。本作の登場人物たちが手渡してゆくその周年記念は私たちが未来の周年記念へと送り出す小さな命ではないでしょうか。なおアジア諸外国との国交樹立周年記念は子ども達に分かり易く伝えたく「友達になって」という言葉に置き換えています。
The main theme of my work is "BRIDGE" but it is also related to "OMOIYARI", "Smile", "Friendship" and "Fukuoka" since I feel APCC is built upon all these elements. There were a number of conflicts between nations in Asia, but we overcame and reached PEACE. In this video, students are handing over the baton of "Anniversary Commemorations", and this baton will bring us further commemorative anniversaries in future.